これからの時代は電気自動車!?費用の面から見えてくる特徴とは?

HOME > これからの時代は電気自動車!?費用の面から見えてくる特徴とは?

これからの時代は電気自動車!?費用の面から見えてくる特徴とは?

今まで知らぬ間に(?)進んでいた環境破壊を食い止めるべく、世界で環境保護が盛んに叫ばれています。私たちでもできること…ゴミを減らしたり、使用するエネルギーを節約したり、普段からさまざまな取り組みを、皆様もされていることでしょう。

そんな中、生活で必要な自動車でも、排気ガスを出さない環境にやさしい商品の開発が進んでいます。それが、電気自動車と呼ばれるものです。この電気自動車は国や地方で、補助金を出したり、税制面で優遇したりといった、さまざまな誘致を行ってきました。まだまだ普及すると言うまでには時間がかかりますが、確実にその勢力は拡大してきています。

ここでは、電気自動車にかかる、さまざまな費用をガソリン車と比較しながら、どのくらい維持費用が変わってくるのか?ということを中心にご紹介していきます。

ナプロアース作成のコンバートEV(電気自動車)

ナプロアース作成のコンバートEV(電気自動車)

○購入には補助金が出るって本当?

日本では、クリーンエネルギー自動車等導入(促進対策)費補助金というものがあり、申請を出すと、購入費用の一部を負担してもらえます。年々、電気自動車の本体価格は安価になる傾向があります。しかし、同等のクラスのガソリン車を購入する場合と比較すると、やや高めの値段がかかるのが現状です。

導入部分を入りやすくするため、また購買意欲を促進する目的も踏まえ、国からの補助金が出ることになっています。補助金を申請するには所定の手続きが必要です。申請は「社団法人 次世代自動車振興センター」にて受付をしています。

また、県や地域によっては、地方公共団体でも購入補助を行っているところもあります。すべての市町村で行われているわけではありませんので、ご自信の居住地域の役所に問い合わせてみましょう。

国、あるいは地方でも購入条件によって、あるいは車両によって金額が異なります。詳しくは購入する自動車ディーラーで相談するといいでしょう。

1人乗りの電気自動車

1人乗りの電気自動車

○普段の走行にかかるガソリン代の比較

電気自動車では、エンジンを搭載しておらず、変わりに電気モーターが駆動力の元になっています。したがって、電気自動車でガソリン代は1円もかかりません。しかし、エネルギーの元になる電気を発電することができませんので、蓄電している電気がなくなる前に、充電をする必要があります。

今では自宅での充電も可能になり、ますます費用は安くなる傾向にあります。しかし、いつでも自宅で充電すれば大丈夫と言うわけではありません。外で充電が切れそうになった場合、専用の設備が整ったガソリンスタンドや公共施設にて充電をする必要があります。

とはいっても、同じ距離をガソリンで走るとなると、倍以上の費用がかかるという計算が出ているのです。ただし、ガソリンの方が1回の満タン給油で走れる距離は長いです。また、電気自動車は充電に時間がかかり、手間は発生してしまいます。

費用が安く、急速充電が可能と言っても、ガソリン車と比べると、まだちょっとした課題が残っているようです。

ガソリンエンジンじゃなくてコンバーターが乗っているエンジンルームの様子

ガソリンエンジンじゃなくてコンバーターが乗っているエンジンルームの様子
(廃車ドットコム・福島:ナプロアース作成の電気自動車)

○税金の優遇も魅力的

電気自動車は、エコカー減税の対象です。環境にやさしい電気自動車は、毎年、あるいは車検ごとに払う税金面でも優遇されています。

まず、自動車税ですが、EVと呼ばれる電気自動車の場合、75パーセントの減税が実施されています。また、自動車取得税は2015年3月に、重量税も2015年4月に登録をすれば無料で済むのです。しかし、この期限は変動になる可能性がありますので、購入時には確認をしておいた方がいいでしょう。

では、税金ではない自賠責保険の費用は?と言うことになりますが、自賠責保険の費用は、自動車にかかる保険ではなく、事故に関わる保険です。これは、車両の種類に関わらず、指定された金額を支払う必要があります。

○車検や維持費はどうなるの?

電気自動車であっても、当然車検は受けなければなりません。電気自動車にはエンジンこそないものの、電気自動車特有の回路や設備がありますので、これをしっかりと整備する必要があります。また、専門の機器が必要となり、整備工場での車検は難しいとされているのが現状です。したがって、ディーラー車検が必須となります。

車検は本来、法定費用と整備費用を合わせた料金となっており、整備項目が少なめな分、車検費用は安めの傾向にあります。ただし、これも部品などの不具合があれば交換が必要となり、費用は一概に安い高いと判断をするのが難しくなるでしょう。

また、ガソリン車では定期的なメンテナンスが必要になるエンジンオイル交換がなくなり、エンジン周りのパーツ交換もなくなる分、維持費は安くなるでしょう。しかし、電気自動車のガソリン代わりとなる蓄電のシステムが劣化してくれば、大きな修理は必要となります。ディーラーによってはさまざまな無料保証を提供しているところもありますので、しっかりと確認するようにしましょう。

このように、メンテナンスにかかる費用、税金、日常のガソリン(蓄電)代共に安くなることが多いです。また、高くなってしまいがちな電気自動車の本体価格は、補助金で費用を一部負担してもらえます。

このように見ていくと、一見、安くてありがたい電気自動車ですが、充電場所の拡大や自宅充電における設備、満タン充電における走行距離など…。まだまだこれからの課題もあるのが現状です。そして、まだ新しく登場した車両のため、将来的な問題や注意点が分からないという未知の部分もあります。

期待度は未知数の電気自動車、メリットやデメリットを十分に理解したうえで、購入を検討してみてはいかがでしょうか。

欧州の電気自動車用の充電スタンド

欧州の電気自動車用の充電スタンド

電気自動車は内燃機を越えるのか!?

電気自動車は内燃機を越えるのか!?

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.