自動車保険について知ろう!~保険のいろはと加入のススメ~

HOME > 自動車保険について知ろう!~保険のいろはと加入のススメ~

自動車保険について知ろう!~保険のいろはと加入のススメ~

万が一の事故のために、自動車保険に入っておきましょうとは言いますが、果たしてどのくらいの人が加入しているのでしょうか。保険会社の調べでは地域差はあるものの、所有者のおよそ7割〜8割くらいのが自動車保険に加入しているのだそうです。

自動車保険は強制ではありませんが、入っておくとさまざまなメリットがあります。保険がどのようなものなのかを知ると共に、未加入の方は、加入の必要性を考え直す機会になれば幸いです。

○自動車保険って?

ここでいう自動車保険とは、一般的にいう任意保険…つまり、加入するかどうかは自由になっている保険のことです。

各自動車は「自賠責保険」と呼ばれるいわば「強制保険」に加入しています。しかし、事故によってはこれだけでは弁償することが難しいことも多いです。その不足分をカバーするため、自動車保険の存在が大切になってきます。

強制的に金額などがすべて決定されている自賠責保険に対し、自分でどこまでを補償してもらえるかを選択できるのが魅力です。

○自賠責保険の内容について

車検の費用に組み込まれて知らないうちに支払を済ませているほとんどの「自賠責保険」。この保険は、万が一の事故の際に、事故でケガをしてしまった人に対して支払われるものです。これには最低限の補償のみが適用されていて、相手の状態にもよりますが、最大で3000万円程度の支払いが可能になっています。

「3000万円まで補償されるなら…」と思うかもしれません。しかし、これ以外に補償される物がなく、壊してしまった「モノ」や自動車本体の修理代金までは自腹になります。あくまで「対人」…しかも、事故で被害に遭われた方に対する補償だけになっているのが特徴です。

もし、運転している自分も大ケガをしたら…?また、自分の過失が大きいと認められた場合、支払の減額、あるいは支払なしという事態にもなります。その場合、どうやって補償するのか…?など、自賠責保険は事故のタイプによって適用されない場合も多いので注意が必要です。

また、万が一保険が切れた自動車で走行したことが発覚すると、免許の減点が6点(一発免許停止!)1年以下の懲役または50万円以下の罰金という重い刑罰が待っています。当然、対人の補償もされず、ケガをさせてしまった人の補償を償っていかなければなりません。

自動車損害賠償責任保険証書は保険会社が発行する

自動車損害賠償責任保険証書は、保険会社が発行する

自賠責の承認請求書

自賠責の承認請求書

○自分で補償内容を選択できるのが自動車保険の魅力!

対人のみで限定的な補償となっている自動車保険に対し、自分でその他の補償の上限を定められるのが「自動車保険」です。また、自賠責保険では適用されない対物や自身のケガなども補償してもらえるのが魅力で、自身で別途加入している人が多くなっています。

自動車保険には、対人、対物の他、自動車修理の費用をカバーしたり、事故とは関係のない「盗難」や「故障」などのトラブルも補償してくれたりするものもあります。また、事故の過失割合の補償や弁護士による話し合いなどが必要になる場合の特約など、その内容はさまざまです。

これを、保険に加入する人がプランを自由に選び、設定できるようになっています。そして、任意の保険という扱いになっているため、万が一期限が切れていても刑罰に問われることはありません。ただし、保険は適用されませんので注意が必要です。

○自動車保険で言われる「等級」って?

自動車保険には「等級」と呼ばれるものが存在します。これは、「ノンフリート等級別料金制度」と呼ばれるもので、保険会社で設定しているその人の「信頼度」のようなものです。この等級が上がれば上がるほど、保険の費用が安くなるといった特典があります。

新規加入した際には「6等級」から始まり、1年間無事故で過ごす(保険を適用しない)と、保険の等級がアップする仕組みです。逆に、万が一事故を起こしてしまい、保険を適用すると、一度の事故に付き3等級ダウンしてしまいます。なおかつ、割引率は事故有のものが適用され、割引率も下がってしまうのです。

さらに、事故後3年間は、事故有の割引率が適用され、無事故の人と比べて保険の費用が高くなります。

基本的に、等級はあくまで料金の違いだけであり、等級が低いから、事故後の対応が悪かったり、保険金が支払われなかったりということはありません。ただし、1年間に2回以上の事故を起こしてしまったり、等級があまりにも低すぎる(事故を起こしすぎて信頼が低い)人の保険継続や他社による新規契約は拒否されたりすることがあります。

○でも…任意保険なんでしょ?

そうです、任意保険です。前述の通り、別に加入していなくても刑罰には問われませんし、事故を起こさなければ何の問題もありません。

ここで、注意したいのが「事故を起こさなければ問題ない」という風潮です。自分は運転が上手だから…常に周りを見て運転していれば大丈夫…本当に大丈夫でしょうか?事故は自分が起こすだけでなく、相手の不注意が原因で事故に巻き込まれることもあります。

「事故を起こされたら相手の責任が大きい」のですが、もし、その人が自分と同じように自動車保険に加入していなかったら…?すぐに補償されなかったら、自分の生活はどうなるのでしょうか?

また、どんなに上手に運転をしていたとしても、万が一の万が一!人身事故を起こし、相手の方に重い障害が残ったり、亡くなってしまったりしたら…?歩行者や他の乗り物を運転する人、自動車の運転者が全員、事故を起こさない世界であればいいのですが、不意のトラブルはどこで襲ってくるか分からないのです。

事故はおこるさ…(Accidents Will Happen)

事故はおこるさ…(Accidents Will Happen)

自損だけではなく相手の車への補償もある

自損だけではなく、相手の車への補償もある

事故はいつ巻き込まれるか分かりません!自動車保険に加入しておくことにより、万が一の補償がとても楽になることが予想されます。しかも、加入する保険のタイプにもよりますが、月額数千円程度とリーズナブルな料金も魅力的です。

現在、自動車保険に加入していない、あるいは自分には保険が適用されない(家族や他人が自分の車を運転する場合、それに合った契約が必要)車両を運転している場合は、しっかりと保険に加入することをお勧めします。

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.