同じ自動車の燃料なのに油種間違いで故障?エンジンとガソリンの密接な関係

HOME > 同じ自動車の燃料なのに油種間違いで故障?エンジンとガソリンの密接な関係

同じ自動車の燃料なのに油種間違いで故障?エンジンとガソリンの密接な関係

世界のさまざまな情勢もあり、近年、ガソリンの価格は上昇傾向にあります。以前は、レギュラーガソリンが1リッター100円でも値段が上がったと叫んでいましたが、それでも近年では考えられないほどの破格だったのです。

そんな時、ガソリンスタンドでふと目に留まる「軽油」の文字。レギュラーガソリンと比べると値段が安いですが、同じガソリンスタンドで売っている自動車用の燃料なのに何が違うのでしょうか。また、なぜ安い?どの車でもOK?などの疑問がわいてきます。ここでは、燃料の違いと疑問を紐解いていくことにしましょう。

近年はセルフ式のスタンドが目立つ

近年はセルフ式のスタンドが目立つ

レギュラーと軽油、油種により色を分けている

レギュラーと軽油、油種により色を分けている

○レギュラーガソリンとハイオクガソリンの違い

ガソリンスタンドではレギュラーガソリン(以下、レギュラー)とハイオクガソリン(以下、ハイオク)を分けて販売しています。しかし、レギュラーとハイオクは同じガソリンなのをご存知でしょうか。両方とも環境にやさしい無鉛ガソリンで、その違いは「オクタン価」と呼ばれる値にあります。

オクタン価が高いほど、エンジンの異常燃焼であるノッキングを防ぎやすいと言われていて、ハイオクは、オクタン価が高いものをいいます。エンジンの大きな高級車や急加速をするスポーツカーではノッキングを起こしやすいため、ハイオクが推奨されているのです。

それに対し、レギュラーはハイオクと比べるとオクタン価が低く、ハイオク推奨の自動車に入れてしまうとノッキングが出やすくなります。エンジンが異常燃焼するという事は、それだけエンジンに負担をかけることになるほか、本来の能力を発揮でなくなってしまうのです。

では、逆にレギュラー推奨の自動車にハイオクを入れるとどうなるでしょうか。これは、何の問題もないとされていますが、その意味もあまりないと言われています。レギュラー推奨の自動車のエンジンは、レギュラーで問題なく動かせるように作られているため、本来のハイオクの良さを生かしきれずに消化されてしまうのです。

○ガソリンと軽油の違い

ガソリンと軽油も、同じ石油から蒸留されたものであり、製造される原料は同じです。しかし、ガソリン車に軽油を、軽油の車にガソリンを入れてしまったら大変なことになります。最悪の場合、エンジンの故障を覚悟しなければなりません。同じ石油から精製した燃料なのに、この2つの違いはどこにあるのでしょうか。

実は、蒸留される温度の違いでガソリンと軽油は分類されています。ガソリンの方が蒸留温度を低く設定できるようになっていて、軽油はガソリンよりも100〜200度くらい高めの温度で蒸留するのが一般的です。この温度は蒸留する業者によって多少の差があります。

トヨタ 1HD のディーゼルエンジン

トヨタ 1HD のディーゼルエンジン

ロードスター、B6 ガソリンエンジン

ロードスター、B6 ガソリンエンジン

○軽油の方が安いのはなぜ?

軽油の方が高い温度で精製…ということは、それだけ加熱もしなければなりません。本来ならばガソリンよりも高くなりそうな軽油ですが、これは、日本独自の理由がありました。それは、税金の違いです。

ガソリンにも軽油にも税金がかかっています。私たちが直接支払うことはありませんが、1リッターあたりの価格に加算されて、最終的には支払っているのと同じになるのです。税金の種類として消費税の他、石油税、ガソリン税(軽油は軽油取引税)がかかります。

このうち、大きく異なってくるのは、ガソリン税、軽油取引税の部分です。ガソリン税は54円なのに対し、軽油取引税は32円となっています。また、軽油は本体価格と石油税(3円)だけに消費税がかかるのに対し、ガソリンは本体価格と石油税(3円)とガソリン税を足し合わせた金額に消費税がかかるのです。

最終的な消費税の差は3〜5円程度ですが、同じ燃料なのに、ガソリンには税金分に対しても消費税がかかっている計算になります。これが、ガソリン価格が高騰した時に騒ぎになった「二重課税」と言われる理由です。

つまり、この税金の差が、そのまま値段の違いにあらわれてしまっているのです。実際に税金を除いて価格を比較すると、ほぼ同じか、あるいは軽油の方がわずかに高いと言われています。

○エンジン構造と燃料の性質から油種間違いによる故障の理由を探る

ガソリン用のエンジン、そしてディーゼル用(軽油を燃料とする)のエンジン、実は構造上の違いがほとんどありません。あえて違うところを言うならば、それぞれの燃料を燃やす仕組みです。この違いが油種間違いによるエンジン故障の理由になります。

ドラマや映画などで、何かを炎上させるためにガソリンを使っているシーンを見かけます。もし、このシーンでガソリンではなく、軽油をまいていたとしたら…おそらく、火がつかないで終わってしまうでしょう。

実は、軽油は燃えにくいという性質があるのです。しかし、軽油は「熱」が加わると燃えやすくなります。それに対してガソリンは、火をつけると燃えやすいです。それぞれのエンジンは、この性質の違いが的確に処理できるように作られています。

ガソリンエンジンでは火が付きやすい性質を生かして、点火プラグ(スパークプラグ)を用いてガソリンを燃焼させます。しかし、ここに火がつきにくい軽油がきてしまうと、いくらスパークさせても燃料が燃えにくく、走れなくなってしまうのです。

その一方、ディーゼルエンジンでは一部の車両を除き、点火プラグは装着されていません。代わりに空気を圧縮して高温にできる構造が用意されていて、そこに軽油が噴射されるとガソリン同様の燃焼が起こります。ガソリンを入れてもスパーク(着火)しないため、うまく燃焼させることができないのです。

廃車引取りのトラックもキチンと整備する

廃車引取りのトラックもキチンと整備する

ディーゼルエンジンはトルクが太い

ディーゼルエンジンはトルクが太い

近年、どんどんガソリン・軽油の価格は高くなってきています。自動車が生活の一部になっている人にとって、燃料代が高くなるのは死活問題です。しかし、違う燃料を入れてしまうと、自動車の持つパワーが生かせなかったり、故障の原因になったりします。

借りた車やレンタカーなどで、ガソリンか軽油か分からない場合は車検証で確認するようにしましょう。また、無駄やパフォーマンス不足を防ぐためにも、ハイオク、レギュラーの推奨は守るようお勧めします。

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.