自動車のイタズラや窃盗にご用心!防犯対策と注意事項を知っておこう!

HOME > 自動車のイタズラや窃盗にご用心!防犯対策と注意事項を知っておこう!

自動車のイタズラや窃盗にご用心!防犯対策と注意事項を知っておこう!

近年、自動車の窃盗、車上荒らしの件数は年々増えているのと同時に、狙われる車の傾向も変わってきました。自動車ディーラーではイモビライザーと呼ばれる特殊なキーを使用するなど対策に追われています。

しかし、現状ではそのイモビライザーも破られているという話があるなど、物騒であることは間違いありません。ここでは、さまざまな防犯グッズやイタズラ、窃盗の傾向についてチェックしていくことにしましょう。

○近年イタズラされやすい自動車の傾向

ちょっと前までは、単純に外国産、あるいは国産の高級車の「セルシオ泥棒」や、RV車の「ハイエース泥棒」「ランクル盗難」といった、一定の車種を狙った犯罪がほとんどでした。相変わらず、この手の泥棒も減りませんが、最近ではハイブリッド車の「プリウス盗難」が多いそうです。さらに、新車や高そうな装備がある自動車、車内の高級品を狙った犯罪も多くなってきています。

国内外で人気の、HIACEグランドキャビン

国内外で人気の、HIACEグランドキャビン

ハイブリッド車のPRIUSが盗難車種No.1

ハイブリッド車のPRIUSが盗難車種No.1

「うちのは古い車だから…」「軽自動車だから…」そう思っていると、狙われてしまうこともあるので十分な注意が必要です!特に、泥棒や車上荒らしが入りやすいような目立たない静かな駐車場や、車の外から明らかに高級なものが見えているような場合は気をつけた方がいいでしょう。また、高級なタイヤ、ホイールを装着している場合も要注意です。

高級なものといえば、カーナビやオーディオ機器だけでなく、車に積んでいるゴルフバッグやその他高級品、貴重品も対象です。自分ではたいしたものではないと思っていても、車上荒らしに遭ったり、車ごと盗まれたりすることもあるので気をつけましょう。

○ディーラーの扱っているイモビライザーについて

別名トランスポンダーキー(トラポン)と言われることもあります。このシステムは簡単に言うと、エンジンを制御する装置に記憶されているIDがあります。そして、鍵側にもそれぞれにID番号があり、その二つのIDが一致しないとエンジンがかからないというものです。

つまり、同じ車種の鍵で車に差し込んだとしても、IDが一致しなければエンジンがかからないのです。これは、今までの鍵では形状が分かると、すぐに偽造されてしまうという問題点があったことから考えられました。しかし、近年ではそのイモビライザーが破られるという事件も起きています。

これは、「イモビカッター」と呼ばれています。本来であれば、エンジン制御側に記憶されているIDが絶対になるのですが、それをリセットし、新しいIDを読み込ませてしまうというものです。自分の鍵では始動できないばかりか、鍵を破られたのと同じ状態になるため、そのまま盗まれてしまうという仕組みになっています。

犯罪と防犯はイタチごっこなんて言う人もいますが、イモビライザーだけに頼ることなく、複数の対策を練っておきたいですね!

トラックにもイモビ装着が設定されている

トラックにもイモビ装着が設定されている

○自動車を守るためのグッズがたくさん販売されています

自動車用品販売店へ行くと、驚くほど防犯グッズが販売されていて驚きます。その商品はさまざまで、単純にハンドルをロックするだけのタイプもあれば、セキュリティ会社が出動して、自動車の様子を見てくれるものまであるのです。ここでは、その代表的な商品をいくつか紹介していくことにします。

・ロックナット

主に、高級タイヤとホイールを盗難から守る目的があります。タイヤを止めている通常のナットは六角形ですが、これだと全部外されてしまうので、ひとつだけ形状が特殊になっているのです。専門のアダプターをつけることで外すことが可能ですが、タイヤ交換時にはアダプターを忘れないようにしましょう。

・盗難防止ビス

カーナビを取り付けている、六角形のビス(ボルト)を、蝶型の変形にするタイプのビス。また、その盗難防止ビスを使用しているアピールを、愛車のリアガラス等にステッカーでアピールする事で盗難に至る事をあきらめさせる効果も狙っている。

カーナビ用の盗難ロックナットのアダプター

カーナビ用の盗難ロックナットのアダプター

・盗難警報機

自動車に異常があると、大きな音やサイレンで教えてくれるものです。LEDなどで光を放っているため、泥棒が見やすい場所に配置しておくことで、相手を威嚇するという意味もあります。ただし、車を降りる時にセットを忘れると意味がありませんので注意しましょう。

また、音がうるさいと苦情になりかねない人のために、操作するリモコンだけに異常を通知してくれるタイプもあります。値段もさまざまで、10万円以上する超ハイテクタイプも!

・ハンドルロック

万が一、エンジンを始動されてしまったときの最終手段です。あらかじめ、ハンドルを操作させないように機械式でロックをかけてしまいます。自動車本体を盗難から守ることはできますが、警報機がついていないものがほとんどなので、車上荒らしには向いていません。

○用途に合った防犯グッズを使用しましょう!

さまざまなグッズがあることが分かりましたが、それぞれに用途があるため、自分の目的にあったタイプを使用しないと意味がありません。極端な話になりますが、ロックナットを装着しても、自動車ごと盗まれてしまったら…?ハンドルロックをしていても、車上荒らしで車内の高級品を盗まれてしまったら…?

防犯グッズは、それぞれの用途があり、自分が守りたいものに合わせた選択が必要なのです。また、近年ではかなり強引な手口もあり、タイヤを盗むために自動車ごと持っていくといった事件も発生しています。そこまでやるの!?と普通の人は考えますが、相手は窃盗団。どう考えるか?までは分からないのです。

理想の形としては、複数の防犯グッズを併用することでしょう。タイヤを盗まれないようにロックナットをかけ、自動車を持っていかれないようにハンドルロックをするといった形です。また、盗難警報機も合わせてつけておくとさらに効果的になるでしょう。

せっかく自分用にカスタマイズしたものや、お気に入りの装備がなくなってしまうことは、とても悲しいです。また、品物は守れたとしても、荒らされること自体、許せません。しかし、対策を講じることで、ある程度のラインまでは自分の車を守ることができます。

また、それでも気になる場合は、駐車場を変えるなどの対策も必要です。

自分の車は自分で守る!これは、新車・中古、高級かどうか関係なく、私たちオーナーの心構えが一番大切なのです。

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.