すぐに活かせる!大切な愛車を高く売るための3つのポイント

HOME > すぐに活かせる!大切な愛車を高く売るための3つのポイント

すぐに活かせる!大切な愛車を高く売るための3つのポイント

車を所有している人にはいつかは訪れる、愛車を手放すとき。下取り?買い取り?廃車処分?主な方法としてこの3種類が考えられます。

今回は買い取りや下取りの際に大切になってくる車の査定ポイントやなるべく高く値段を付けてもらえるコツとポイントをご紹介していきます。

中古車の査定の基準は、決して簡単なものではありません。最終的には人気などのさまざまな要素が絡み合い決定されるものですが、ここではどんな時期でも、どんな場合でも査定の「足し」になるものを挙げてみました。

査定は基本価格からマイナス点を中心にチェックを行い、最終的な金額が決定されます。つまり、高額査定を狙うなら、「プラス査定を狙う」よりは、「マイナス査定を出さないようにする」事が大切です。

○下取りと買い取りの違いとは?

下取りと買い取りの違いについて、同じものだと思っている人もいるようです。しかし、この2つには明確な違いがあります。簡単に説明すると…

・買い取り:自分の車を売ることで、現金を得る行為(次の車を購入するかどうかは別)

・下取り:自分の車を売って、次の車の購入資金に充てること(次の車を購入する前提)

このように、次の車を購入しなければならないかどうかが大きな違いです。

なお、下取りはディーラーで主に行われており、買い取りは中古車販売店などで査定に用いられることが多くなっています。

○買い取り前に気をつけておきたいこと

買い取りを依頼するのも人間であれば、査定を行うのも人間です。相場などのある程度決まっている内容だけで分かることは機械で作業できます。しかし、最後のチェックは人間が行うことで、細かい査定を行うことができるのです。そのため、買い取りを依頼する私たちがちょっとした努力をすることで、査定価格をアップさせることができる可能性があります。

自分で努力をすれば何とかなる項目をいくつか挙げ、チェックポイントを確認していきましょう。

査定チェックシートのイメージ

査定チェックシートのイメージ

(1)外装、内装はきれいにして査定に出そう

インターネットで検索するとよく出てくるチェックポイントの一つです。販売時に大切なポイントである、「自分が欲しい車になっているかどうか」を視覚にうったえる内容になります。その言葉通り、査定前には車をきれいにして持ち込みしましょうということです。皆が欲しいと思うのは汚いものよりきれいな物ですから、清掃・洗車を行うのは、よそ行きの格好をする女性と同じ気持ちだと考えるといいでしょう。

外装は目立つ傷がないようにし、ドアノブ付近によく付いてしまう引っかき傷は、細めのコンパウンドを使って傷消しを行います。また、洗車を行い、普段は見逃してしまいがちな細部までキレイにしておきましょう。

内装はその場だけでキレイにするのは難しいのですが、ゴミはきれいに取り除き、汚れはふき取るなどの処置を行います。必要に応じて室内用のワックスを利用するのもいいでしょう。

(2)車のメンテナンスは定期的に行う

これも、当然の話といえばそこまでなのですが、状態の悪い車はその分、マイナスの査定を受けてしまいます。ある程度の距離や年数を乗っていれば、どこかに不具合が発生するのは仕方ありません。しかし、その故障や不具合の中には、メンテナンスを定期的に行うことで防げるものもあります。

たとえば、エンジンオイルは法定点検時以外でも交換をすることで、エンジンコンディションを良好に保てます。無交換でOKと説明書に書かれていることの多いATFオイル(オートマチック車のギアオイル)も定期交換が効果的です。

これらの記録は、ステッカーやメンテナンスノートに記載されて残されていれば、ひとつの査定ポイントとなります。メンテナンスが最低限行われていない車両はマイナス査定が大きくなる可能性がありますので注意が必要です。

走行距離を確認、ODDメーター

走行距離を確認、ODDメーター

(3)最後は査定者頼み!?

こちらも前述の通り、中古車査定を行うのは人間です。つまり、最後に「○○万円です」と値段を付けるのも、人間の役割になります。意外と見落としがちなのですが、査定者に対する心象も大切なポイントなのです。

たとえば、自分の車が過去に事故を起こした車だったとしましょう。新しい外装品を装備し、一見はきれいに見える車ですが、プロの査定士がチェックすると、その痕跡はすぐに分かってしまうといわれています。それを隠して査定に出したとしたら、査定側はどう思うでしょうか。

「このお客様、事故の痕跡を隠そうとした!」ということになってくると、決して心象はよくないはずです。また、事故とまではいかないまでも、一見完璧に直したと思われた板金の跡も分かるといわれています。

やってしまった過去はパッと見た感じ隠すことができても、プロの目はごまかすことができません。それであれば、やってしまったことは正直に話した方が、査定車の心象も良くなります。

マイナス査定は免れませんが、お互いが気持ちよく進めていくことも、査定額を左右するひとつの要素なのです。

○査定額をアップするために行ったことがアダになることも?

やってしまいがちなのは、査定額をアップさせるため、売却前に余計なことをしてしまうパターンです。多いのが板金、車検です。

一般的な概念として、キズのない車はキズのある車より、査定額はアップします。また、車検の残り期間は、すぐに終わってしまうよりも残りは長い方が良いに越したことはありません。しかし、ここで考えたいのは、行為に対する対費用効果です。

たとえば、車検に10万円かかったとしても、査定額が10万円以上アップするわけではありません。板金のタイプにもよりますが、結果として査定額は変わらない可能性もあります。査定アップのために良かれと思ってやったことが、思ったほど反映されていないのが現状なのです。

自動車の買取相場は、めまぐるしく変わっています。今日は100万円でも、来月には90万円に下がっているかもしれません。業界の動向を探ることも大切ですが、それよりも基礎的な部分をしっかりと押さえておくことで、いつでもそれなりの査定額を確保することが可能です。

自分の努力次第でマイナス査定を抑えることができることは、しっかりと覚えておくといいでしょう。

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.