海外で活躍する中古車たち(3)~中古車と廃車の境目って…?~

HOME > 海外で活躍する中古車たち(3)~中古車と廃車の境目って…?~

海外で活躍する中古車たち(3)~中古車と廃車の境目って…?~

海外で活躍する日本製の中古車…(1)でもお話ししたように、規制で輸出できないこともありますが、輸出が認められている国では大活躍をしていることが多いです。それだけ日本車というのは耐久性も高く、人気なのですが…日本では廃車という手続きを取る人が多くなっています。

ここでは、日本で廃車にされる車と中古車の境目について見ていきながら、外国での車両利用事情もチェックしていきたいと思います。

日本と同じエンジンを搭載した海外モデル車

日本と同じエンジンを搭載した海外モデル車

○日本での廃車と中古車の境目とは?

日本では、廃車を検討する車の多くは、

・新しく車を購入したいけど、売却しようとした車に値が付かなかった

・改造のし過ぎで買取りをしてもらえない

・事故車や水没車などで買取りをしてもらえない

といったように、お金に関わるものが多く挙げられています。

新しく自動車を購入するにも費用は掛かりますし、廃車でも買取りでもある程度の換金はしておきたいという心理がはたらくものです。とはいっても、自分の自動車がどのくらいの価値になるのかは、所有者もある程度は理解しています。そのため、中古車として値が付かなければ廃車というのが一般的な流れとして定着しているようです。

中古車にはならない廃車もある

中古車にはならない廃車もある

年式が古くても、リペアして乗り続けられる

年式が古くても、リペアして乗り続けられる

○日本では廃車だけど、行きつく先では宝の山になることも!

廃車する車の状態にもよりますが、外国人からしたら「もったいない」と思われていることも多いようです。日本車は耐久性も高くなっているため、その気になれば数十万キロは軽く走るとまで言われています。もちろん、修理なしには走れませんが、メンテナンスの度合いによってはいくらでも走行が可能なのです。

たまに日本国内でもそういう車を見かけますが、外国では当たり前のように現役バリバリの車が走っています。また、中には過走行車を好んで輸入しようとする場合もあります。これは、関税の関係で安く日本車を仕入れられる国があるためです。

そして、国によっては、日本のように見た目を気にしない人も多く、あくまで生活の足として走ってくれればOKというような車を望んでいる人もいるのです。自国の車を新車で買うよりも安く購入でき、さらに日本製品となれば、中古で古くて多少ボロだったとしても買う人はたくさんいます。

たとえば、外国に行くと会社のロゴなどが、日本のままになっている車を見かけることがあります。まさに、それは中古車をそのまま乗り継ぐ外国人の姿であり、決してその国の業者さんというわけではありません。

自動車の用途や行きつく先によっては、日本ではゴミに近い扱いをされていても、外国ではまだまだ愛用してもらえるという道も考えられるのです。

中古車や中古部品で輸出された日本車

中古車や中古部品で輸出された日本車

日本車を修理するカンボジアの修理工場

日本車を修理するカンボジアの修理工場

○外国で姿、形を変えて走る日本車たち!?

車両が日本から輸出される際には、日本のルールがあり、輸入先の国のルールがあります。日本が関与できるのはここまでで、そこからは相手の国の法律に則って処理、販売されるようになっています。その結果、日本では到底考えられないような車が走っていることもあるのです。

たとえば、日本でも大型バスなどの場合、エンジンはA社のもので、ボディや販売先はB社のものということがあります。しかし、これは技術供与があってのものであり、国内ではしっかりと型式の登録がされているので問題ありません。

しかし、国によっては日本車のパーツを各社組み合わせ、一台の自動車として走行させている例もあります。そこまでして日本車および日本製のパーツが喜ばれるのは、やはり耐久性の高さが一番だということがあるのです。また、車種によってはパーツが手に入らず、社外品で代用しているという考え方をすれば納得でしょうか?

しかし、日本でそれが認められないのは、車検を通すための保安基準というものがあり、それを満たさない車は公道を走れないようになっているためです。また、日本では通常は考えられないような加工を施すことも多いため、現実的ではないということも挙げられるでしょう。

暑い寒い等々、過酷な条件下で使用される車

暑い寒い等々、過酷な条件下で使用される車

海外に輸出された、日本の小型トラック

海外に輸出された、日本の小型トラック

○「もったいない」という意識を持つことも大切

日本では、見た目、性能を重視して車を買う人が多いです。ぶつけたことが原因で乗り換える人もいますし、すぐに廃車にしようと考えてしまう人がいます。もちろん、無理をして乗って危険な目に遭うくらいであれば、廃車にして新しい人生を歩ませることも大切です。

しかし、外国での中古車の活躍例を見ていると、日本人はもう少し「もったいない」という意識を持つことが必要なのかもしれません。ただし、日本には保安基準もあるため一概には言えませんが、中古車にすることを考える前に、もう少し乗れないかな?と考えることも忘れないようにすると良いでしょう。

中古車と廃車の境目というのは、なかなか難しいものです。日本では、ある程度の基準はあるものの、それはすべての国において該当するとは限りません。

廃車になった車両も、しっかりとした処理をすれば、部品として外国への輸出が可能ですし、日本車が流通する国では、外国でも中古パーツが求められています。「腐っても鯛」と言いますが、どのような形だとしても、日本車、あるいはパーツであることは間違いないのです。

外国からの評価も高い日本車、これからも私たちのできる範囲で大切にしていきたいですね!

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.