廃車のプロフェッショナル

HOME > 廃車のプロフェッショナル

廃車のプロフェッショナル

法律のことは弁護士聞け、病気のことは医者に任せろ、といったように、専門的な知識や技術を要する分野には、 その道を極めた様々なプロフェッショナル達の存在はあります。
私達の暮らしはそのようなプロの業や知恵によって支えられているわけですが、 あなたの自動車処分の悩みを解決する廃車のプロフェッショナルと言えば、廃車ドットコムです。
どこがプロなのかわかりやすくご説明しましょう。

まずはじめに、自動車の解体についてお話すると、あなたがいくらメカに詳しくても、 車が好きで改造が得意でも、一般の方が自分で車を解体することは法律で許されていません。
一部、カーナビやステレオの取り外しなどは、 最終的にその自動車を所有していた人間に委託されて行なう分には許されているものの、 それもあくまで使用済み前の自動車に限ってのことであり、使用済みの自動車、 つまり、廃車から部品を取り外したり解体するには法律により解体業の許可が必要です。
さらに、せん断や破砕、圧縮プレスといった自動車スクラップには欠かせない工程を行うためには破砕業の許可も必要になります。
このように、自動車を適切に処理するためには国に認可された登録や許可が必要不可欠となるのです。
もちろん廃車ドットコムもその認可を受けています。

廃車ドットコム

(※注:参画した企業の事。廃車ドットコムの参画企業は全て解体業等の許可を得ています)

そして近年、「自動車リサイクル法」という新しく制定された法律が絡み、
さらなる自動車処理業界の複雑化に伴って、より私達、 廃車業務に携わる人間の質の向上が求められる時代へと変化してきています。
そもそも自動車リサイクル法が制定された理由には、 一部の利益のみを重視した業者や心無い業者の自動車処理が ずさんであったことが社会的に問題視されたことから始まっています。
それまでの使用済みの自動車から、 リサイクルして再利用可能な部品や素材を回収した後に発生する残さ処分方法は、 埋め立て処分が主体であったため、どんどん埋め立てる場所が少なくなるにつれて、 処分費が高騰することによって車の不法投棄が増加してしまったのです。
その時期は素材価格も低迷して販売益から十分な処分費用するのが困難な情勢のため、 利益のみを重視した業者はリサイクル後のゴミを不法投棄しました。
残念ながら、これは自動車を利用する人間が、 正しい自動車の処分やリサイクルにはお金がかかるという実態を認識しきれていないことが原因の一つとして考えられます。
しかし、自動車は私達人間にとって非常に便利で有益なものであると同時に、 一歩間違えれば環境を汚染してしまう大きな原因になりかねない存在でもあるのです。
そのような背景から、現在では“使用済自動車の再資源化等に関する法律”通称:自動車リサイクル法が施行され、 使用済みの自動車を処分する際には、資源回収後に発生する残さであるシュレッダーダストや、 エアコンに使われている温暖化を引き起こすと言われるフロンガス、 爆発の危険性のあるエアバッグの三品目を自動車の最終所有者が“自動車リサイクル券”により費用負担する事で適切なリサイクルを実施する事が可能になり、 専門的な技術をもって適正な処理を行う業者のみが、 自治体から許認可を取得して自動車リサイクルを実施しています。
廃車ドットコムは、その処理の責務を担っているのです。

現在でも、数多ある廃車買取り業者の内、何社が自動車解体業の許可を保有しているのでしょうか?
利益重視の業者は色んな姿に成変わり皆さんの直ぐ側で活動しているかもしれません。

廃車ドットコムは、あなたの自動車を適正に処分するために、 複雑に絡み合う自動車処分業界の変化を読み取り、法に基づき許認可を持ち、 正しい知識と技術、向上心を耐えず持ち続ける。
そして地球にやさしい気持ちを忘れません。
それが廃車のプロフェッショナルとしての使命だから。

  • 必要書類のダウンロード
  • 書類の記入例はこちら

初めて廃車される方へ

お客様の声

お客様の声一覧

廃車関連情報

お役立ち情報

山梨県、滋賀県、沖縄県の廃車買取りを担当するリサイクル業者様を募集中! メールでのお問い合わせ先はこちら
Copyright © 2004-2013 廃車ドットコム All Rights Reserved.